大規模修繕工事新聞<特版1号>第50回管理組合オンラインセミナー開催のご案内

 |  |  | 0

第50回記念「管理組合オンラインセミナー」開催のご案内

おかげさまで、全建センターの管理組合ンセミナーは、次回開催で50回目を迎えることができました。
昨年来のコロナ禍のため、オンラインでの開催が常態化しております。当初は慣れない中で準備不足の感が否めませんでしたが、最近は、いつでも、何回でも観ることができ、かえって便利だとのお声も頂戴しております。また、オンラインの利点は管理組合役員や管理組合メンバーが一緒に参加できるので、大規模修繕への理解や合意形成が進んだとのお声も頂いております。
さらには、首都圏以外の皆様の受講参加も顕著になっております。遠方の皆様には、全建センターの提供する一部のサービスはご利用できませんが、大規模修繕に関する情報不足を補完できてありがたいとのお声も頂戴しております。
コロナ禍の収束が見えない、状況下ではありますが、全建センターとしてはなんとか皆様にお役に立つ情報をお届けしたいと、本年も頑張ってまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

第50回記念として、下記のような内容で2月21日開演に向けて鋭意準備をすすめております。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

・日時=2021年2月21日(日曜日)午後1時~
・You Tubeを用いてのオンライン開催
・対象=マンション管理組合役員およびマンション居住者
・対象地域と募集人員=日本国内・参加人数う制限はありません。ただし、講演の中でする全建センターが提供する一部のサービスは首都圏に限定していますのであらかじめご了解ください。
・募集締め切り=2021年2月21日(日曜日)午前中

<集団参加のご案内>
大規模修繕における合意形成の為に役立つということで、管理組合で集団参加する事例が増えています。コロナ禍の中で情報共有手段一助として、集団参加をおすすめいたします。
申込時に、備考欄に参加者のメルアドを列記ください。
前回のセミナーでの感想の一部を紹介します。
・「今回も非常にためになる内容でした。理事会及び住人からも参加者を募集し、プロジェクターを利用して10名程度で視聴させていただきました。ありがとうございました。(千葉県F管理組合)」
・「管理組合役員全員で参加します。セミナー後に、今回のセミナーの感想も含めて、オンラインで役員会をひらく予定です。(東京・杉並区K管理組合)」


第50回オンラインセミナーの詳しい内容および参加申込みは下記のバナーをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

今回のメインテーマ

大規模修繕は情報戦!

管理組合は管理会社や工事会社等の言いなりにならずに自ら考え行動することで自分たちの手に「管理」と「工事」を取り戻すことができます。
その為の「カギ」は情報の量です。管理組合の自主、自立、主体性には独自で入手できる情報が欠かせません。
一般社団法人 全国建物調査診断センターは、管理組合の自主、自立、主体性の為に様々な情報ツールを用意してサポートをしています。
大規模修繕工事新聞電子版」「大規模修繕テレビ」「全建情報図書館」の3代情報ツールの他、「2か月毎のオンラインセミナー」「メールマガジンでの情報発信」「訪問勉強会」「全建ホームページ」などをラインナップして常に管理組合目線の情報を提供してまいります。

 

<各講師の講演概要>

大規模修繕は情報戦!

1、大規模修繕業界の本当の姿
2、全建センターの存在価値
3、具体的な提案
・TM方式・セカンドオピニオン制度・理事長マスターコース・小修繕プラン・事前瑕疵調査・駐車場平置き工事会社紹介サービス・建物診断・完成保証制度・18年周期パック
4、豊富な情報収集手段と情報提供
・大規模修繕工事新聞電子版・2か月毎のオンラインセミナー・メールマガジン会員へニュースリーリース配信・訪問勉強会・全建情報図書館・大規模修繕テレビ・全建ホームページ

 

 


管理組合の自主、自立、主体性

大規模修繕工事を実施した管理組合の元理事長がその体験談を直接語る!

テーマは「管理組合目線から見たトータルマネジメント方式の長所について」

管理組合目線で見た大規模修繕工事の計画立案から工事実施までの過程を生声で皆さんに伝えます!

 

 

 

 

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
発信元:一般社団法人 全国建物調査診断センター
//zenken-center.com/
〒112-0012東京都文京区大塚5-3-10-1102
TEL:03-6304-0278 FAX:03-6304-0279
発行日: 2021年1月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA