全建センターが「給排水設備調査サービス」を開始

   |  | 0

一般社団法人 全国建物調査診断センター(吉野笙一理事長)はこのほど、「給排水設備調査サービス」を開始した。コンサルタントや工事会社と 接触する前に給排水設備の現状や改修履歴を把握しておくのは必要不可欠。管理会社や工事会社などとの利害関係がない第三者により、客観的なアドバイスが受けられるので有益だ。専門の調査員が給排水設備の状態を調査・診断し報告する。なお、このサービスは大規模修繕工事新聞読者サービスの一環として行うため、無料。ただし、限られた陣容での対応のため、一か月に受けられるのは10件以内。
今回の「給排水設備調査サービス」の開始で、全建センターが行うサービスは6つとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA